メキシコの安全衛生に関する規制を遵守することの重要性

2022年7月18日
メキシコの安全衛生に関する規制を遵守することの重要性

COVID-19の流行により、また、USMCAの下でメキシコが負う義務に沿った労働社会福祉省(スペイン語の頭文字をとって「STPS」)が発行する2022年検査プログラムの一環として、本年は少なくとも4万件のアクションを予定しており、一般労働条件、外部委託、安全衛生に関する違反を検出するためにメキシコの職場の安全衛生検査訪問が大幅に増加している。 また、STPSの検査官がCOVID-19に関連するガイドラインの遵守を確認するための臨時検査を実施した際、大半の企業が該当する安全衛生規則を完全に遵守していないことに気付いたため、検査数が増加しています。

多くの職場では、一般的な労働条件やアウトソーシングに関して施行された労働、社会保障、税の改正や、STPSが発行するメキシコの公式基準(スペイン語で「NOMS」)を企業が知らないことが原因で、このような事態が発生しているのである。 施設をリースする多くの企業は、安全衛生に関する改正、規定、NOMSを遵守する義務を負うのは賃貸人であると想定していますが、これは部分的に過ぎず、企業は従業員の雇用者として、また施設の所有者として、上記の改正、規定、NOMSの一部を遵守する義務を負っているため、真実とは言えません。

適用される安全衛生規定と NOMS を遵守するためには、施設、設備、機械、生産工程をその状態や技術的特性から分析するだけでなく、作業方法、組織体制、従業員が行う仕事に対する技能の分析に準ずる必要があります。 したがって、各企業は、一般的な労働条件、アウトソーシング改革に関連する条項への準拠、適用される研究への準拠などの観点から評価し、事故や業務上の疾病につながるリスクだけでなく、企業の経済的・生産的損失をもたらす機能不全のプロセスを特定・分析できるようになることが重要である。

上記のように、雇用主は予防戦略を通じて、リスクを検知し、緊急時の対応能力を高め、施設の安全状況を分析し、従業員のプロセスと職務内容を更新・改善し、その法的文書の不備を特定し、損傷が発生する前に設備を確認し、設備と生産工程の可用性を高めてオペレーショナル・エクセレンスを実現することができる。これにより、会社のリスクを最小限に抑え、法令を遵守し、STPSによる検査に備えることができるのです。

多くの場合、安全衛生の問題に関しては、各職場に少なくとも5~12個のNOMSが適用されることは注目に値する。 また、それぞれ少なくとも30のガイドラインを含むことができ、一般労働条件、外部委託、安全衛生に関する違反に対する制裁金および/または罰金は、行政違反および影響を受ける従業員数に応じて、メキシコの測定更新単位(4811.00メキシコペソから4811万1000メキシコペソ、または250.00米ドルから24万米ドル前後)の値の50倍から5万倍の割合で算出することができます。このようなコンプライアンスの欠如は、企業にとって深刻な結果をもたらす可能性があります。そこで、CCNでは、メキシコの一般労働条件、アウトソーシング、安全衛生に関する事項を含む監査のための専門分野を開発し、豊富な経験と能力で、お客様の施設の評価と予防的診断を提供し、サポートします。

この記事を共有する