メキシコ・テキサス州境での強制検査中止について

2022年6月3日
メキシコ・テキサス州境での強制検査中止について

ジョー・バイデン米大統領が2022年4月6日、米国とメキシコ間の不法移民と麻薬の往来を食い止めるために実施されていた「タイトル42」と呼ばれる疾病管理センターの命令を廃止することを決定した後、テキサス州のグレッグ・アボット知事は、陸路でテキサス州に入るメキシコからの輸入品すべてに強力な検査措置を課した。メキシコから米国に入るすべてのトレーラーとバスの拘留と検査がその措置に含まれる。

新しい検査手続きは、最大24時間の長い遅延、輸送された農産物の損失、多くの予定された配達の損失を引き起こした。また、この検査により、国境を越えた貿易で数百万ドルの損失が発生しました。CANACAR(全国貨物自動車運送会議所)が発表した金額によると、タマウリパス州レイノサでの影響は約1億1700万ドルと算出され、商品の配送ができず罰金の発生につながった。 この場合、1時間あたり約700万〜800万ドルの損失となる。また、ヌエボ・ラレドやヌエボ・レオンでは、毎日1万3千台のトラックが国境を越えているため、同様の損失が発生していると推定される。

これを受けて、4月12日にメキシコ上院のUSMCA実施特別委員会(CESITMEC、スペイン語の頭文字)は、今回の措置に懸念を示し、テキサス州に新しい検査ガイドラインを再検討するよう要請した。

4月中旬、テキサス州知事は、チワワ、コアウイラ、タマウリパス、ヌエボレオンの各州知事と会談し、この問題の解決に向けた話し合いを行いました。その結果、国境警備の改善、特にメキシコからテキサスへの不法移民の防止を意図して、ある種の覚書が締結されました。協議された措置の中で、当事者は以下のように協力することに合意しました。

1.国境を越える車両が、実施されているすべての安全要件に適合していることを確認する。

2.不法入国を阻止する。

3.クロスボーダー交通の検査プロセスをスピードアップさせる意図で復活させる。

こうした努力にもかかわらず、アボットは、国境の安全が回復せず、不法移民を阻止するための十分な協力が得られない場合には、米国に渡るすべての車両に対して、新しい徹底した検査で提供される積極的な措置を復活させるとメキシコ国境の知事に警告した。結局、関係者は、国境を越える商業交通に遅れが出ないよう必要な措置に合意することを述べ、特に主に影響を受ける州の知事は、その意向を示した。

この記事を共有する
該当する項目はありません。