メキシコ、新タイムゾーン法を制定

2022年11月15日
メキシコ、新タイムゾーン法を制定

メキシコは、全国における時間帯の取り扱いについて、新たな法律を制定しました。2022年10月28日、メキシコ合衆国における時間帯法(以下、「法」)を発行する政令が連邦官報に掲載されました。新法は2022年10月30日に発効し、それに伴い、従来のメキシコ合衆国における時間帯法は廃止され、メキシコ合衆国で適用される季節ごとのタイムスケジュールを定める政令も廃止されました。

この新法はメキシコ全土に適用され、メキシコ国内の4つの異なる時間帯の適用と有効性、およびその場所に応じた時間を認めるものです。

この法律の目的のために、以下の時間帯とそれに対応する子午線が設定されました。(2)太平洋ゾーン:グリニッジの西経90度の子午線を指し、バハカリフォルニアスル州、ナヤリット州(中央ゾーンに相当するバイアデバンデラス市を除く)、シナロア州、ソノラ州を含む。(3) グリニッジの西経120度の子午線を指し、バハ・カリフォルニア州を含む北西ゾーン (4) グリニッジの西経75度の子午線を指し、キンタナ・ロー州を含む南東ゾーン (5) 島、岩礁、鍵は、その地理的位置に対応する子午線内に、国際的に認められた法的条約および協定に従って含まれています。

(a) コアウイラ州(アジェンデ市、モレロス市、ビジャウニオン市も含む)、ヌエボレオン州、タマウリパス州の国境自治体にはグリニッジの西経75度の子午線が適用され、 (b) バハカリフォルニア州はグリニッジの西経105度の子午線が適用されます。この国境季節時間表は、3月の第2日曜日の午前2時から施行され、11月の第1日曜日の午前2時に終了します。

同様に、この法律では、州はその議会を通じて、内務省の意見に従って、連邦議会の審議と投票に付すためにイニシアチブを送ることによって、州またはその自治体の時間帯または季節ごとの時間割を変更することを要求できるように、一定のメカニズムを規定している。この場合、州議会または州知事の過半数の提案により、この件に関する国民の意見を理解するためのフォーラムや市民協議が開催されます。

この新法は、メキシコ北部の国境地帯、特に季節的な時間割の適用に関して、これらの地域がその適用期間中、歴史的に同じ時間割を共有してきた州や自治体とは異なる時間割が適用されることになるため、課題を提起している。この問題は、ソノラ州とチワワ州の国境の自治体にとって特に重要です。なぜなら、この法律は、メキシコ北部の国境沿いの他の自治体とは異なり、これらの自治体には季節ごとの時間割を想定していないからです。

一方、26年間適用されてきたサマータイムが廃止されることで、電力消費量の増加、物流の混乱、夜間の犯罪増加などの悪影響が懸念されている。メキシコの国会議員には、このような懸念についてきちんと調査・検討してもらいたい。

この記事を共有する