メキシコの土壌汚染に対する法的責任

2023年1月19日
メキシコの土壌汚染に対する法的責任

環境法の問題は、一般にあらゆる取引において考慮されるべきものであるが、本稿では、不動産に関わるプロジェクトにおける環境法の問題の関連性について簡単にレビューしてみたい。

メキシコ政治憲法第4条の規定により、環境損害は、適用される環境法に従って、すべてその損害を引き起こした当事者の法的責任となります。

買収、売却、リースなどの不動産取引において、最も慎重に検討・判断しなければならないのは、土壌汚染物質の存在と、適切な場合には、潜在的な救済措置の範囲と目的、法的責任を負う当事者への責任の帰属などである。

不動産分野におけるこうした特定の環境問題は、汚染の影響が時として徐々に明らかになる傾向があり、その影響が継続的かつ継続的に発生することと相まって、特に関連性が高い。つまり、ある場所の汚染は、不動産取引の履行時には目立たず、汚染の痕跡は不動産取得後に目に見えるか悪目立ちする可能性があるのです。さらに、このような汚染を実際に引き起こした場合、環境被害がなくなるまで、あるいはそれぞれの修復や補償が完了するまで、継続的に損害や責任を発生させることになります。

また、廃棄物総合処理法第70条に基づき、「土壌が汚染された私有地の所有者または占有者及び租界地の権利者は、当該汚染を引き起こした当事者に対する訴訟を妨げることなく、必要に応じて浄化措置を実施する連帯責任を負う」ことを考慮する必要があります。

上記の法律の文言から、環境当局は、所有者と賃借人の両方が、汚染を引き起こしたかどうかにかかわらず、また、汚染を引き起こした当事者に損害賠償を請求する行動にかかわらず、汚染された不動産の修復に責任があるとみなすことができると思われます。したがって、不動産の取得や賃貸に際しては、当該不動産が汚染されていないことを確認することが必要不可欠です。これを確認するために、当事者は、不動産の環境状態を把握し、汚染がある場合には、法的・実務的なリスクと影響を理解するために、必要な環境調査(フェーズIまたはII)を実施することが望ましいとされています。

不動産の購入やリースに先立って十分なデューディリジェンスを行うことに加え、a) 3つの行政レベルで適用される環境法の規定を考慮したプロジェクトの実現可能性、b) プロジェクトが対象とする環境義務に対する現在の遵守レベル、c) 非遵守による既存のリスク、を検討することも重要である。

環境側面は、不動産開発やプロジェクトにおいて考慮すべき基本的な部分です。不動産の取得やリースに先立ち、その環境状況を確認することは、環境リスクや負債を回避・抑制するために最も重要なことです。

この記事を共有する