パブロ・サエンス

パートナー

パブロ・サエンス

パートナー

経歴

パブロ・サエンスは、2011年1月、パートナーとしてCCNに入社しました。サエンスは、当事務所のメキシコ労働業務を統括し、メキシコ全土のCCN労働弁護士と連携しています。サエンスは、個人および集団の雇用法問題における法律顧問および労働訴訟担当者として、メキシコの労働法問題に30年以上携わってきました。CCNに入社する以前は、メキシコシティにある国際的な法律事務所で、労働法に関する業務を担当していました。また、メキシコ国内外の様々な法律・専門・商業団体が主催するイベントにおいて、メキシコの労働法・雇用法に関する講演を頻繁に行っています。

教育
メキシコ国立自治大学 (UNAM), (J.D., 1986)
プロフェッショナル・メンバーシップ
メキシコ弁護士会、メキシコ弁護士会(BMA)、メキシコ弁護士会(ANADE)。
言語
スペイン語
英語
弁護士資格の取得

メキシコ(1986年)

CCN - 弁護士

米国法とメキシコ法を専門とする弁護士

全ての弁護士を見る

文責: 

パブロ・サエンス

CCNメキシコレポート
全ての記事を見る

最近の記事