アビゲイル・マヤ

アソシエイト

アビゲイル・マヤ

アソシエイト

経歴

アビゲイル・マヤは、2017年よりCCNのアソシエイトを務めています。 メキシコシティ出身で、Escuela Libre de Derechoを 卒業し、2016年に "The Application of the Theory of Affectation of Patrimony to the Individual Limited Liability Entity "というタイトルの論文を完成させ、法学博士号を取得しました。マヤは、メキシコの企業、不動産、M&A、金融、エネルギー法などを中心に取り扱っている。 現在、メキシコで事業を行う米国のクライアントに対し、企業再編、工業団地の賃貸を伴う不動産プロジェクト、メキシコにおける風力・太陽光発電プロジェクトの開発など、さまざまなプロジェクトについてアドバイスを行っています。 また、メキシコの農業および自動車部門をはじめとする数多くの国際企業の外部顧問を務めています。79カ国以上で事業展開する国際的なエンジニアリング、建設、産業サービス企業で、メキシコおよびラテンアメリカのアシスタント・ジェネラル・カウンセルを務めた経験もあります。また、メキシコシティの法律事務所やメキシコの公証人役場での勤務経験もあります。

教育
メキシコシティ自由大学 (2012年)
プロフェッショナル・メンバーシップ
サンアントニオ自由貿易連合-国際ビジネスにおける女性たち
サンアントニオ弁護士会-国際法部門
言語
スペイン語
英語
弁護士資格の取得

メキシコ(2016年)

CCN - 弁護士

米国法とメキシコ法を専門とする弁護士

全ての弁護士を見る

文責: 

アビゲイル・マヤ

CCNメキシコレポート
全ての記事を見る

最近の記事