フェリペ・チャプーラ

パートナー

フェリペ・チャプーラ

パートナー

経歴

フェリペ・チャプラ・アルマラスは、1996年から弁護士として働いているCCNのパートナーで、設立者ではない最初のパートナーになった。メキシコシティとシウダー・フアレスにあるCCNの事務所を担当するパートナーである。 企業法務、M&A、独占禁止法、自動車、建設資材のほか、メキシコが締結した数々の自由貿易協定、特に原産地規則と原産地証明に基づき、輸出業者のビジネス・関税戦略を実施することも手がけている。チャプラ弁護士は、税法および関税法に精通しており、数多くの複雑な国際商取引に携わってきました。英語とスペイン語に堪能であり、米国、欧州、中米、南米のクライアントのメキシコにおける事業および投資、ならびに国内で事業を行っている多くのメキシコ企業の代理を務めることに慣れている。長年にわたり取り組んできた代表的な法律案件としては、メキシコ連邦競争委員会が解決した最も複雑な反トラスト法違反事件2件において、自動車産業と協力したことが挙げられる。また、米国とメキシコの間でのみ事業を行う多国籍通信企業の伝統的なマキラドーラ事業を、クライアントの中米および南米事業のための輸出プラットフォームへと転換し、輸出の効率化を可能にする自由貿易協定戦略の実施により免税を実現させた経験もある。

教育
ハーバード・ロースクール(マサチューセッツ州ケンブリッジ)(「交渉術講座:取引と紛争における価値の創造」、2006年
パナメリカーナ大学(メキシコ、メキシコシティ)(2000年修士号取得
イベロアメリカーナ大学(メキシコシティ)(J.D., 1996
プロフェッショナル・メンバーシップ
メキシコエネルギー学会(AMDE)
言語
スペイン語
英語
弁護士資格の取得

メキシコ(1998年)

CCN - 弁護士

米国法とメキシコ法を専門とする弁護士

全ての弁護士を見る

文責: 

フェリペ・チャプーラ

CCNメキシコレポート
全ての記事を見る

最近の記事